砂と花 sunatohana.exblog.jp

カテゴリ:〈砂と花〉自己紹介( 8 )

こどもふく について

砂と花のこどもふくは布帛(のびない生地)で作っています。

ロックミシンが泣いている…とも思うのですが、
作りたいと思う生地・かたちが布帛ばかり。

よく動くこども(我が子もそうですが)にはニット地が好まれます。

それでも、
『特別な服』『おめかし服』『記憶に残る服』
をめざして、

パターン選び・布選び・装飾
を考えて作っています。

布や副資材の関係で量産はできないので、各デザイン1サイズのみとなっております。

素敵なご縁がありますように願いを込めて。

c0332132_10553281.jpg
〔画像は petit etlageさんのパターン チュニックワンピース120サイズ〕



明日(3/21(土・祝)11:00-15:30)
『手作り雑貨マルシェin前橋vol.5』(勢多会館3階)にてお待ちしています!

[PR]
by sunatohana | 2015-03-20 11:05 | 〈砂と花〉自己紹介

あと1ヶ月!

c0332132_22444600.jpg
『手作り雑貨マルシェ in 前橋 vol.4』
まであと1ヶ月。
まずは丁寧に作ります。
接客は…ほぼ経験なしですが、楽しんでもらえるよう準備できることから頑張ります。よろしくお願いいたします。

砂と花



vol.4から 「会場・開催時間」が変更しました。

~ハンドメイド作家のかわいいお店たち~
手作り雑貨マルシェin前橋 vol.4

■ 開催日 ■
2014年11月8日(土)11:00-15:30

■ 場所 ■
勢多会館 3階 大ホール
〒371-0805 群馬県前橋市南町4-30-3
※駐車場 あり(無料)

会場変更にともない主催者さまのブログもお引越ししました。
http://ameblo.jp/tedukurizakkamarusye-2



※本日ブース表が発表されました。

ブログやhpをお持ちの出店者さま、★からページジャンプできます。

私自身サマーフェスティバルまで購入者の立場でしたので、更新をとても楽しみにしていました。


素敵な作品はもちろん出店者さまの雰囲気も感じられ、当日が待ち遠しくなりました。


ブース表、出店者さま一覧はこちら☞
http://ameblo.jp/tedukurizakkamarusye-2/entry-11935918487.html





[PR]
by sunatohana | 2014-10-08 22:43 | 〈砂と花〉自己紹介

その後月日は流れて

家でも外でも忙しくしていた10代。
すっかり手芸の時間は縮小され、たまに気が向くとピアスを作る程度になっていました。

転機は20代半ば。

もともと民族衣装が大好きだった私は今まで燻っていた手芸熱に火をつけてくれる人に出会いました。

その方はインドネシアのバティックを巻くのではなく、歩くたび、泳ぐ金魚のように揺れるスカートに仕立てていました。

滲み出る人柄の良さや、手作りの品々に惚れ込み、また私の手芸時間が再開したという訳です。

当時はミシンがなく、その方が手縫い派だったのも影響し、総手縫いで自分の服や小物を。

その後子供を授かり、子供服も作り始めました。
何を着せても許される可愛い時期(親馬鹿です)
手作り感たっぷり(おふざけもちょっとある)子供服を作ってはひとりニタニタしています。

それから今に至るまで、手芸を通じて知り合えた友人たちから刺激を受け、作る楽しみや、イベントに出てみようというきっかけなどなど、近くには居らずともいつも支えてもらっています。
c0332132_08062242.jpg


[PR]
by sunatohana | 2014-09-20 12:01 | 〈砂と花〉自己紹介

始まりは

たぶん小学生の頃。
吉祥寺のCOTTON FIELD

当時パッチワークが大流行。母もその一人で旅行先でも生地屋に行くのがお決まりでした。

私は当時はまだ布に興味がなく、アクセサリーパーツの店内をウロウロ。
買った材料を組み合わせ幼馴染にプレゼントしました。
彼女はいまでもそのネックレスを大事にしてくれ、「初めて東京を知るきっかけになった。」と話してくれました。(高校までずっと一緒、進学先が東京と聞き驚きました。人混みが苦手な彼女が…と 笑)

そんなこともあって、誰かに何かを作って喜んでもらうことがとても好きになった単純な私でした。それが始まり。

その後の夏休みの自由研究は手芸一辺倒でした。
[PR]
by sunatohana | 2014-09-19 11:43 | 〈砂と花〉自己紹介

屋号マーク完成

c0332132_17202909.jpg

時を刻む砂時計の中に

青い砂と藤の花

[PR]
by sunatohana | 2014-09-16 00:00 | 〈砂と花〉自己紹介

屋号


砂と花
(blue sand & wisteria)



自然・色
人に
捧ぐ

c0332132_17064956.jpg

ここ数ヶ月ずっと屋号のマークを考えていました。
ようやくかたちになりつつあり、刺繍始めました。









[PR]
by sunatohana | 2014-09-15 00:00 | 〈砂と花〉自己紹介

自己紹介 (番外編)



…と真面目な自己紹介でしたが、今回はちょっと雑談(長話)

プロフィール画像は
・娘の《くまさん》
※「名前は?」とよく聞かれているのですが、真剣な目で「くまさん」と答えています。

ぶーぶーの次の単語が「あ、くま」(悪魔?笑)
どこにでも出没する数々のクマを娘は見逃さず、親が指差すほうを探す、という事態に。
くまさんは娘が1歳のころにつくり、ここ2年ほどほぼ毎日一緒に寝ているため、かなりクタクタ…
家族の絵を描いてくれるのですが、この中のくまさんの存在感といったら!
「あくま」連呼で「好きなんだろうな〜」と勝手に親馬鹿思考を巡らせ、「ならばぬいぐるみ作ってみよう、初めてだけど…」と製作。
正直ここまで大切にしてくれると思っていなかったのでただただ嬉しいです。

・タッセルつきバッグ
各国からやってきたブレード&リボンの結集。
ブレード&リボンは各地で集めた思い出も詰まった宝物。
大事にしすぎて形に出来ずに悩む日々。
構想2年、製作2日。考えるのが長すぎましたが形になってスッキリ!
そしてタッセルの魅力を教えてくれた、大人になってから出会った友人。
趣味や好みが面白いくらい似ていて(名前も年齢も)…ふらりなんちゃってアラブでミントティーが今でも私の活力です。
タッセルの表現は無限大。お互い伴侶には理解されないタッセルですが…


くまさんもバッグもタッセルも、私にとって思い入れのある手作りのものです。

c0332132_03171259.jpg

そんなこんな、
行く先々で出会った人ともの・文化が私のimaginationの土台です。

[PR]
by sunatohana | 2014-09-14 13:10 | 〈砂と花〉自己紹介

砂と花 自己紹介

砂と花
(blue sand & wisteria)

絵本の世界・異国を旅するように。

様々な作り手から生まれた素材を大切に、
ひと手間を加えてお届けします。




イベントは、
子供服
布小物(刺繍)
シーズン雑貨(クリスマス・入園入学)
で準備をすすめております。
c0332132_02321072.jpg

[PR]
by sunatohana | 2014-09-11 18:23 | 〈砂と花〉自己紹介